24/7ワークアウトとライザップ比較|営業時間の違い

パーソナルトレーニング系の事務を利用するときに気になってしまうのが営業時間です。24時間利用できるわけではないので、自分の利用しやすい時間帯に行っているのか、といったことが極めて重要になるのです。

こちらでは、24/7workout(トゥエンティフォーセブンワークアウト)とライザップの営業時間について比較します。果たして、どちらのほうが利用しやすいのでしょうか。

24/7ワークアウトの営業時間とは?

・午前7時から翌午前3時まで

ほぼ24時間と言っても良いほどの営業時間となっています。その時間内で利用したい時間を予約しておけばよいのです。とても利用しやすい、といったことが分かりますよね。深夜にトレーニングをしたい、といった方の希望も叶えてくれるのが24/7ワークアウトなのです。

お仕事の関係上、深夜の0時以降でなければトレーニングできない、といった方もいるでしょう。そんな方でも気兼ねなく利用できるメリットが24/7workout(トゥエンティフォーセブンワークアウト)にはあります。

ライザップの営業時間とは?

・午前7時から午後11時まで

営業時間としては短いとは言い難いですが、24/7workout(トゥエンティフォーセブンワークアウト)と比較すると4時間も短いです。0時以降でなければ利用できない、といった方には適していません。

営業時間、といった面では、圧倒的に24/7workout(トゥエンティフォーセブンワークアウト)のほうが有利、と判断できるのです。

24/7ワークアウトの営業時間に関する口コミ

・当方、飲食業を行っており、仕事が終わるのが深夜11時。ですから0時から24/7workout(トゥエンティフォーセブンワークアウト)を利用しています。その時間にも対応してくれるので非常にありがたいです。こちらが相手の予定に合わせてくれるのではなく、24/7workout(トゥエンティフォーセブンワークアウト)がこちらに合わせてくれている感じですね。(30代なかば・男性)

 

・朝方の生活なので、朝早い時間帯にトレーニングしたいと思っていました。職場近くの24/7workout(トゥエンティフォーセブンワークアウト)のジムに行って汗を流したあと職場に向かっています。汗を流してからの仕事は気持ちが良いものですね。朝7時から行っているのは素晴らしいと思います。(20代後半・男性)

 

・営業時間が長いからか、希望通りの時間に利用しやすいです。昼間に通っているのですが、自分に思い通りの時間帯に利用できるので、生活に負担をかけることもありません。(30代前半・主婦)

 

・ライザップと迷いましたが24/7workout(トゥエンティフォーセブンワークアウト)を利用しました。営業時間が長くて深夜にも通えるからです。(20代前半・女性)
サブコンテンツ

このページの先頭へ